診療内容

わからない時、迷う時。後悔することないよう、

科学的に合理的に決められますよう、ご相談いたします。

 
白内障

白内障

白内障手術をうけるかどうか、適切な判断を

視力障害のない軽度のものを含めれば、高齢者は全ての方が白内障になっています。白内障手術は日本では年間で100万件以上行われています。しかし白内障手術の結果に満足できなかった方もおられます。 「白内障手術が今必要かどうか」ご希望や状況によく合った判断ができるようお手伝いをいたします。白内障手術は当院では行っておりませんが、近くの大病院の白内障手術の経験豊かな医師に紹介いたします。

 
緑内障

緑内障

副作用を考慮した失明しないための治療

失明原因の一位となっている緑内障です。緑内障はこわい病気と恐れられていますが、定期的な検査を受け、正しく認識していれば失明することをおそれる必要はありません。まずは早期発見です。眼科での診療やドック検診で「あやしいサイン」を見抜き、静的視野検査やOCT検査で診断します。治療の基本は点眼剤です。眼圧を下げる薬剤を正しく選択し、根気よく治療を続けることで緑内障で失明することを防ぐことができます。手術が必要になった場合は経験ある施設に紹介します。

 
糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

適切な時期に適切な治療を

以前 は失明原因の第一位でした。現在一位でなくなった理由は、患者の皆さまのご理解とご努力のたまものでしょう。定期的な眼科検査を根気よく欠かさぬように願います。内科と眼科の連携も重要です。公的病院のみでなく、個人病院や診療所内科との連携も密接にたもち、糖尿病の方の眼の健康をお守りします。

 
加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

日々進歩する治療

加齢黄斑変性の患者数は50万人とも言われています。失明原因の第3位です。以前は手を下すことは困難で視力低下を待つしかない疾患でした。しかし新しい治療法が次々に開発され、治療のための薬剤も進歩しています。

最先端の治療に対応できる近隣大病院を適切にご紹介いたします。

 
神経眼科・小児眼科

神経眼科・小児眼科

弱視斜視/学校近視

正確な信頼のおける眼科検査をもとに

これらの疾患は特に信頼のおける検査が必要で、当院の眼科検査はすべて資格ある職員 ( 視能訓練士 ) が行っております。
一時的な風評や大げさなマスコミ報道にまどわされることなく、それぞれの方にいちばん適した治療を選ぶことができるようお手伝いいたします。

 
ドライアイ・眼精疲労

ドライアイ・眼精疲労

とにかく鬱陶しいけれど

深刻な疾患ではありませんが、日常生活上様々な症状に煩わされます。実は一定の「これをやれば必ず」という治療法はありません。それぞれの方によって適切な治療は異なります。適切な治療を見つけてゆくために、当院の得意とする正確な眼科検査をもと判断したいと思います。これも誤った風評に惑わされることなく、それぞれの方にいちばん適した治療を選ぶことができるようお手伝いいたします。

 
当院での取り組み

ロービジョン診療

ロービジョン医療と視覚リハビリテーション

先天性疾患、成人病、事故などで視力が非常に悪くなったり、視野が狭くなったりした状態のことをロービジョンと言います。お一人お一人で残った視力や視野の広さ、すなわち視機能は異なります。残された視機能を生かすために、何をすればよいでしょうか。そのために必要となるのがロービジョン医療です。

最新のテクノロジーをあなたのもとに

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%

例えば拡大読書器。高価なものですが、障害手帳をお持ちなら自治体からの補助があります。タブレットコンピュータでも、ロービジョン対策として非常に有用です。(補助に関しては自治体によって対応は異なっていますのでご注意ください。)タブレットやスマートフォンを使用するとき、少しの工夫ではるかに使いやすくすることが可能です。またハイテク機器ではなくても、ちょっとした工夫で視覚を補助するさまざまな道具が販売されています。ただ情報があまりに多いです。整理して考えるお手伝いをいたします。

診断書作成

当院で、必要であれば診断書等を作成いたします。( 一部有料。法第15条指定医。 )
また当院職員 ( 視能訓練士 ) は常にロービジョン医療を研修し、最新の情報のもとに各種補助具と各種支援に関する情報提供をいたします。
相談は無料で、随時行いますが予約は必要です。日どりはお電話でご相談ください。内容により保険診療が必要な場合があります。検査・診察・治療を希望される場合は保険診療を行います。保険証等をご持参ください。